HugoのMarkdownで生成されるHTMLをカスタマイズする

Hugoの内部でMarkdownをHTMLに変換するのにBlackfridayを使っておりBlackfridayにオプションを渡せる様になっているので出力されるHTMLを少しだけカスタマイズできるようになっている。
たとえばデフォルトだとaタグにhref以外の属性値をつけてくれないけど設定するとtarget="_blank"rel="nofollow"を追加できる。

設定方法

設定項目の詳細はHugo本家のドキュメントを参照。
config.tomlにこんな感じで設定を追加すると生成されるHTMLがデフォルトと違う形式で出力される。

[blackfriday]
hrefTargetBlank = true
nofollowLinks = true

↑の設定の場合target="_blank"rel="nofollow"が追加される。

<a href="https://gohugo.io/" rel="nofollow" target="_blank">Hugo</a>

Blackfriday extensionsの項目は少し特殊でextensionsextensionsmaskに配列で設定する。
ドキュメントdefault: disabledとなっているものはextensionsに、default: enabledとなっているものはextensionsmaskに設定を記述する必要がある。

[blackfriday]
extensionsmask = ["autolink"]

↑の例だとURLっぽい文字列が勝手にリンクにならなくなる。