nodebrewのインストールと使い方

https://github.com/hokaccha/nodebrew

Node.jsをインストールするツール。 Node.jsインストールするのにわざわざツールをインストールするなんて手間増えてるじゃんと思うけど使っておくといろいろ便利。

  • システムにインストールしないので環境汚さなくて済むし管理者権限なしでインストールできる
  • Node.jsのバージョン管理ができコマンド一つで違うバージョンに切り替えられる

似たツールでnvmというのがあり☆がnodebrewの数十倍くらいついているけど、一時期zshと相性悪かったらしくQiita上だとnodebrew派の方が多いのか投稿数はnodebrewの方がやや多い。

nodebrewのインストール

curlとperlが入っていればOK。下記のワンライナーを実行するとホームディレクトリに.nodebrewというディレクトリが作成される。

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

PATHの設定。.bashrc.zshrcに追記して設定を再読込する。

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

試しに実行してみてhelpが表示されればnodebrewのインストール完了。

$ nodebrew
nodebrew 1.0.1

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
以下省略

nodeのインストール

インストール可能なバージョンの一覧を確認。

$ nodebrew ls-remote
v0.0.1    v0.0.2    v0.0.3    v0.0.4    v0.0.5    v0.0.6

v0.1.0    v0.1.1    v0.1.2    v0.1.3    v0.1.4    v0.1.5    v0.1.6    v0.1.7
v0.1.8    v0.1.9    v0.1.10   v0.1.11   v0.1.12   v0.1.13   v0.1.14   v0.1.15
以下省略

ls-remoteで表示されたバージョンを指定してインストールする。

$ nodebrew install <version>

installだけだとまだ使えなくてuseで有効化する。

$ nodebrew use <version>

うまくインストールできていればインストールされたバージョンが表示されるはず。

$ node -v

コマンド

install

ビルド済みのバイナリを落としてきてインストールする。

$ nodebrew install <version>

昔はinstallがソースからインストールでinstall-binaryがバイナリからインストールだったけど変わったらしく、installがバイナリからインストールに変わって後述のcompileがソースからインストールになったらしい。

compile

ソースコードからビルドしてインストールする。特別な理由がなければinstall推奨とのこと。 解凍してmakeしているだけなのでnodebrewの依存の他にビルドするために必要なライブラリも必要なので注意。 引数でconfigureにオプションが渡せる。

$ nodebrew install <version>

install-binary

installのエイリアス。
昔はinstall-binaryがバイナリからインストールするコマンドだったけど変わったので下位互換用のエイリアスらしい。

$ nodebrew install-binary <version>

uninstall

インストール済みのNode.jsのアンインストール。

$ nodebrew uninstall <version>

use

使うNode.jsを指定したインストール済みバージョンに切り替える。

$ nodebrew use <version>

list or ls

インストール済みNode.jsの一覧を表示。lslistのエイリアス。

$ nodebrew list

ls-remote

インストール可能なバージョンの一覧表示。

$ nodebrew ls-remote

ls-all

インストール可能なバージョンとインストール済みのバージョンの表示。

$ nodebrew ls-all

alias

バージョンに別名を付ける。

$ nodebrew alias <key> <value>

# 使用例
$ nodebrew alias hoge v10.15.3
hoge -> v10.15.3
$ nodebrew use hoge
use v10.15.3

unalias

別名を削除。

$ nodebrew unalias <key>

clean

インストール済みのバージョンのインストール時のファイルの削除。 ソースだけではなくtgzもお掃除してくれるのでinstall-binaryでインストールした場合にも効果がある。

$ nodebrew clean <version> | all

selfupdate

nodebrewのアップデート。

$ nodebrew selfupdate

migrate-package

インストール済みの他のバージョンのグローバルインストールパッケージを再インストールする。 内部的には指定したバージョンのグローバルのnode_modules以下のディレクトリをnpm install -gの引数に渡して一つづつインストールする感じ。

$ nodebrew migrate-package v8.15.1

exec

インストール済みのバージョンを指定してnodeを実行。useで切り替えなくても実行できる。

$ nodebrew exec <version> -- <command>

# 使用例
$ nodebrew exec v8.15.1 -- node -v
v8.15.1

nodebrewのアンインストール

ホームディレクトリに作成された.nodebrewディレクトリを削除すればOK。 ディレクトリを削除できたら.bashrc.zshrcに書いたPATHの設定も削除しておく。

関連リンク